永大供養の需要について

永大供養の需要について

先祖が眠っているお墓を維持するのは色々と大変で、定期的に手入れをしなければいけないし必要に応じて寄付もあるのでそれが面倒と思う人が多くなりました。こちらにアクセス!名古屋 永代供養参考になりますよ。

 

先祖代々のお墓を持っているけれど子供が居ないから死んだ後お墓を管理してくれる人が居ない夫婦が選択するのが永大供養です。

 

生前に管理費などのお金を寺に払っておけば良いという物で、個人のお墓ではなく複数の人の骨をまとめて埋葬して上に墓石を立てるやり方が人気であり、先祖の墓を維持してくれる人が居なくなるからその墓を処理して永大供養を選ぶ人が増えています。

 

普通の墓は世話をする人が居なくなると無縁墓とみなされ処理されるのが普通です。

 

そうなる前に自分たちの手で処理して、自分たちは永大供養にしようという選択肢が出てきているので今後、墓事情は大きく変わると思います。

 

永大供養は核家族化が進んだ結果でもあり、墓の現実を目の当たりにした結果ともいえますが、今後永大供養ばかり選ぶ人が増えると思うと少し悲しいです。